あなたの声を聴かせてね。

いつも元気と勇気をくれる大好きな人たちに感謝を捧げる場所にします。まっすー、えんちゃんありがとう。

総括~2019

今年もあと残り数時間。

紅白を見ながらだらだら飲んで食べてくつろいでいますが、

そういえば昨年の今ごろは大阪にいたんですよね。

うきうきそわそわしながら、待ち合わせの場所に向かっていたのを思い出す。

ダーリンたちと、ダーリンたちが繋いでくれたご縁のお陰で最高にハッピーな年明けから始まって、いろんなライブでいろんな歌声を聴いてきました。

ここで簡単に総括しときます。

(タイトルは大野さんからのFCメールを真似しました~💙)

 

1月

NEWS  EPCOTIA  ENCORE  @京セラドーム

 

運よく、というか100%まわりのみなさんのご厚意で、カウコンと1/1の両日入ることが出来ました。

嬉しくって楽しくって大好きがあふれた2日間。

もうすぐ円盤が届くのが待ちきれないです。

またいつか、20周年の頃に単独カウコンできたらいいな。

 

3月~4月

NEWS  WORLDISTA TOUR 

地元公演とサンドーム福井に遠征。お会いできた皆様、ありがとうございます。

双子のテゴマスちゃんとか、寝るシャツ事件とか、楽しかったなぁ。

こちらも、円盤リリースお待ちしています。

 

5月

レキシ@福岡市民会館

 

立ち見席でやっと手に入れたチケット。

ゲストは石川さゆりさんと秦基博さん。

相変わらず楽しくて楽しくて、あと、さゆりさんの声が凄かった。

♪祝いめでた が聴けたのも県民としてはじんときました。

 

 

7月

高野寛さん

地元の結婚式場がライブ会場で、不思議な空間でした。

高野さんのライブは大好きな歌を聴くだけじゃなくて、建物との出会いも素敵。

 

8月

遠藤正明さん 生誕祭 @ 恵比寿リキッドルーム

 

52ちゃいのお誕生日をお祝いに行ってきました。

前日の同級生との飲み会も含め、もはや毎年恒例行事になりつつありますが、果たして来年2020は夏の東京に近づけるのか??

 

9月

佐藤竹善さん@九州ゴスペルフェス ゲストステージ

スガシカオさん、FLYING KIDS@ ミュージックシティ天神

 

地元の音楽イベントに豪華なゲストが続々と来てくれてラッキーでした。

心に甦る、ラジオばっかり聴いてた20代の日々。いまはこんなにTVっ子なのにね。

 

この月は、劇団☆新感線の『けむりの軍団』@博多座も観劇。

虚勢を張ってファイティングポーズを取り続けることの怖さと脆さと虚しさ、大切な台詞があったんだけど、古田さんと成志さんの掛け合いにげらげら笑っているうちに正確なフレーズを忘れちゃった。ぽんこつ・・・

 

10月

Little Glee Monster @サンパレス

 

初めて念願のリトグリちゃんのなまうた💕

本当に5人ともいい声でうまくって声の圧力に包まれていた。

またいきたい。

 

12月

嵐 @ 福岡ドーム 5×20ツアー

 

何年ぶりかで当たったチケット。

大編成のバンドとオーケストラのためなのか、一曲一曲がきちんと粒だっていて余韻があって、曲終わりにしっかり拍手が出来たのが印象的でした。沸き起こる拍手喝采が届いていたらいいな。だって、私たちがステージの彼らにあげられるものって、拍手くらいしかないんだもん。あともう一回くらいどこかで会えますように。

 

レキシ @ サンパレス アナザーレキシツアー

 

このツアーから光る稲穂がグッズに登場🌾

売り切れてたようなので、いつもの愛用稲穂を振りましたw

なんでもすぐに歌ってくれる池ちゃん。Xからブルーハーツまでw。

この調子だと、円盤化は難しそうだけど、売って欲しい。年貢納めさせて~。

 

 

ライブは一期一会だし、同じツアーでも同じライブは2度とない。

時間とお金を自分のためだけに自由に使えるのも、好きな人がステージで歌ってくれるのも、当たり前じゃない。生き急いでるわけじゃないけど、少し焦る気持ちもあって、行ける範囲で行ける限り出掛けました。

 

来年も、好きな人が舞台の上で輝く姿を、大好きな声で歌う姿を、たくさん見られますように。

 

いい1年にしよう。

 

いつも長い長い文章を読んでくださるレアな皆様、ありがとうございます。

どうぞよいお年をお迎えください。

 

 

この惑星の未知なる領域

拝啓

親愛なるお茶の間の皆さま。

11月27日(水)放送の『ベストアーティスト』はご覧になりましたか?

 

私は見た。

とんでもなくカッコイイ黒髪のひとが、とんでもなくいい声で歌うのを目撃した。

NEWSの、増田貴久さんっていうひとなんですけど。

 

放心しつつ、うわごとのようにカッコイイとか好きとかすごいとか呟きまくっただけでは全く持ってあの魅力を言い足りなくて、ここにもやってきました。

自分の呟きを下書きに、140字では足りなかった部分も足してまとめておきます。

感想文というか、ますださんの底なしの魅力を語りたいのと、好き好きいいたいだけです。

ほぼ主観。地球はますださんのために廻ってます。

 

 

たまたま当日は自宅にひとりだったので、ゆっくり見られてちょうどいいわ~なんて余裕かましてTVをつけたら、いきなりのトップバッターが嵐兄さんでちょっとびびりました。だっていつもオーラスじゃないですか?そんな思い込みは置いといて、いつもの安定した高品質なパフォーマンス。さすがです。

 

39ちゃいになったばかりの大野さんだ~。おめでとうございました。

あと、大野さんのおかあさん、いつも産んでくれてありがとう。

 

続いての、りとぐりちゃんも大好きなんですよ。

こういう強い曲も歌えるの、すごいと思う。

彼女たちは本当にうまい。シンプルにうまい。

 

で、NEWSくんたちの出番はどうやら後半という情報だったので、ご飯食べながらいろんなお歌を楽しみました。

山崎育三郎さんと手越さんの「あずさ2号」もさすがでした。

手越さんが他の方とコラボするときのちょっとよそいきな感じ??好きなんですよね~。

自慢の声量やビブラートを気持ち控えめにしてる歌い方や、難しいハモリもなんなくこなしてるの、かえって手越さんの歌のうまさを際立たせていると思う。白のタキシードも可愛かったです。

 

ほんでもってやっとです!!

兄貴に呼ばれて4人で並んだ時、深緑のジャージ(この言い方で合ってるのかな?ホントはもっとおしゃれな業界用語があるのでは?)で、ますださんがふにゅふにゅやってたのはあれは何だったのでしょうか?歌う前から超ゴキゲンなのはよ~くわかったけれども。

 

♪ SUPER STAR  DJ松永さんとのSPコラボ

 

冒頭のアイーダから音がカッコイイね。

歌いだしの、低い声を潜めるように、遠くを見つめるように歌うますださんんんん~

ターンテーブルのまえでラップを叩きつけてくるますださんんんん~~っ

 

放心してたら終わってました。

アウトロでフェイク入れてる手越さんが天使みたいで、あれ?私、もう天国に召されるのかしらって感じでした。それくらい、前髪の隙間からこっちを射抜いてくるますださんにやられてた。

でも、拍手が起こると誰よりも先にDJ松永さんを称え、すぐにお客さんにも深く頭を下げるますださんはいつものますださんだった。あれ?さっきの強いひとはどこ??

 

あの~、SUPERSTAR、短くないですか?TVサイズ??もっと聴きたいです。

あと、通常盤とDJ松永さんとのコラボ盤と2種類リリースしましょ?音源欲しい。

 

放心してるあいだに番組はどんどん進み、NEWSくんたちはお着替えすませてました。さすがプロフェッショナル。メドレーの衣装は、赤い馬の尻尾なしスタイル。尻尾がないとフリンジが目立ってこれはこれで綺麗ですね。幾通りにも使える衣装を編み出すデザイナーさん、天才だな。

 

メドレーでは ♪ 宙船を披露。

これがすさまじかった。こんな「おまえのオールを任せるな」聴いたことない。

声の迫力が違う。厚みが違う。もっと見たい。もっと声を聴きたい。もっといろんな歌を聴きたい。心の底からそう思った歌声だった。

 

ほんのついさっきまで、DJ松永さんとのコラボ最高~!!BLUESPIRITもメドレーでリミックスしてほしいとか思ってたのに(SPIRIT聴くとすぐに泣いちゃうくせに)、のあとには、中島みゆきさんのメロディぴったり~、もっとロックなやつも聴きたいし、バラードだったらあの名曲 ♪ 歌姫 も歌って~とか、その夜のますださんのビジュアルと歌声に尽きることのない願望が次から次に沸いて出てくるの、どうにかしたい・・・

 

そこからしばらくはベスアのますださんがぐるぐるしてて。

歌う前のみんなでわいわいサッカーしてたり、兄貴の横でテンション高く謎のふにゅふにゅしてたり、歌い終わりの誰よりも先に「ありがとうございました~」って深々と頭を下げるのはいつものまっすーだったよね?

じゃあ、だったら、あの射抜くような強い眼差しと圧倒的な声の力でねじ伏せてくるのは誰なんですか?

 

ますださんが歌がうまいのも、声がいいのも、何人いるのかなって不思議になるくらい変幻自在なのも知ってた。知ってる。知ってるけど。知ってるつもりだったけれども。

 

でもまだまだ知らなかった。本当の深さを。本当の広さを。

テラ インコグニタ・・・(未知の領域)

 

NEWSが宙船を歌うって知ったとき、自分なりにちょっと予想してみた。

手越さんは、何歌っても大丈夫っていう信頼があった。

小山さんは、ちょっと懐かしめのロックだから似合うだろうな~って思った。

加藤さんは、きっと独特の声が中島みゆきさんのメロディと相性よさそうって。

でも、ますださんがあんなふうに来るなんて思いもよらなかった。歌割りも含めて。

 

ますださんはいつもいつもそうやって、

こっちの想定とか予想とか、期待さえも、軽々と飄々と飛び越えていくんだなぁ。

大好き。

 

2020年になろうとしている現在、地球上にはすでに地図の空白はなく、人類未踏のエリアなんて深海くらいしか残っていないとされているけれど、こんなところに未知の領域が残っていたなんて。どれほど高く深く広いのか。もしかしたらこれからまだまだ広がるかもしれない領域。

 

・・・あっ、ちょっと話を大きくしすぎましたね(笑)

 

好きな人の未知なる可能性と計り知れないポテンシャルを発見したお話でした。

 

進化する姿と歌声を信じていよう。

62ちゃいの現場でも歌っていてね。

おまたせまっすー♪

 💛 増田貴久さま 💛

 

ジャニーズ事務所 入所21周年、おめでとうございます~🌸

 

ずっと歌いつづけて踊り続けて続けてくれてありがとうございます。

 

あの日、一緒に運命のオーディションを受けた同期の皆さんもおめでとうございます♪

 

アイドル21ちゃいのお誕生日 🐣

 

TV画面には、大好きな先輩たちのドラフト会議に呼ばれて、どきどきしながらお行儀よくご指名を待っているますださんがいて、おまたせまっすーって呼んでもらえて嬉しそうなますださんがいて、それだけでとっても幸せでした。

 

私、録画で追いかけて見てるだけなのにねw

 

二宮先輩のチームで、豆柴のようなにのさんと、中型犬のはずなのにでっかく見える黒柴ますださんがなかよくじゃれあったり、辛口な先輩とぼけ倒すザキヤマさんに後輩わんこのますださんが困ってしまってわんわんわわんになるところを、来週は楽しみにしています。

 

こんなに好きなひとと好きなものと好きなことを繋げてお仕事にしてるますださんが、勝手に誇らしいです。

いつも新しい世界を見せてくれて、ときには温かく懐かしい気持ちを呼び起こす扉も開けてくれて。

ますださんのお仕事に対する誠実な向き合いかたに圧倒的な信頼を寄せているので、「ますださんならこんなとき、どうするのかな?」って思い浮かべることもよくあります。

私の方がずっと歳上なのに。昨日もそうだったな。

 

バラエティで見せる笑顔いっぱいぽんこつ可愛いますださんも、グラビアのなかに美しく佇むますださんも、ドラマの厳しく険しく辛い表情の人物も、どれも大好き。

歌って踊って何かを表現している舞台の上のますださんと、ますださんの声。ずっと見ていたいし聴いていたい。

 

こんなに素敵なひとに会えたこと。

現在進行形で活動を見られることが私の幸運なのかもしれません。

 

舞台の上でスポットライトの当たるますださんも、普段のますださんも、

どうかいつも元気で幸せでいてください。

あなたの未来が嬉しい&楽しい&大好きで溢れていますように。

好きなこと興味あることを自由に追いかけられますように。

新しいわくわくする出会いが待っていますように。

 

これからもずっと大好きです。

ありったけのおめでとうとありがとうの気持ちを込めて。

 

 

 

はぴばライブの思い出 2019/08/28

いつのまにか8月も過ぎ去り9月に,、そしてもうすぐ10月に。

 

NEWSさんの16周年のお祝いとか、Strawberryのライブ盤の素晴らしさとか、ドラマ『ボイス』の石川透巡査部長のこととか、番宣バラエティ祭だったますださんのこととか、時間がどれだけあっても足りないくらいに思いが溢れまくっていたので、あっという間の夏でした。

 

ひとつだけ、下書き供養と備忘録で、夏の終わりの歌声の記憶を残しておきます。

タイトルは、あえて夏休みの日記風にしてみました。

以下、発掘したものなので、多少の時空の歪みが生じております。

 

 

今年も遅めの夏休みを確保して、8月最後の週に東京一人旅を満喫してきました。

なんで遥々ほぼ毎年行ってるのかって??

そりゃあもちろん!お誕生日祝いですよ、遠藤正明さんの。

 

今年のバースデーライブもひたすら楽しかったので、自分用の備忘録で感想文を残しておきます。

 

今回の主役「えんちゃん」こと遠藤正明は、

NHKの音楽特番『SONGS OF TOKYO』9月12日第1夜、

NEWSくんと同じステージに登場するJAMProject の創設メンバーでもあります。

 

無理やりこじつけて説明してみました。

地上波にはほとんど登場しないJAMさんが、まさかNEWSと同じ番組に出るなんて。

私の最愛の二人がついにNHKホールで出会ってしまう~。

 

幸運にも収録に行かれるかたがいらっしゃったら、金髪のお兄さんが繰り出す野太い高音に度肝を抜かれてきてくださいね。NEWSファンは手越さんで免疫ついてるから大丈夫だとは思いますけど。

 

ここから長くなりますので、ジャニーズ以外のライブ、とくにオールスタンディングのライブハウスに行ったことのない方はお暇なときに社会科見学気分でどうぞ。

 

 

遠藤さんのBDライブはほぼ毎年、8月28日のご本人のお誕生日に開催されます。

ほぼと書いたのは、たまにはツアーになったり、ライブじゃなくて配信という年もあったから。

今年もお誕生日当日(水曜日です。ド平日です)恵比寿のリキッドルームで開催。

1967年生まれで、宮城県石巻市出身、この夏で52ちゃいでございます。

 

せっかく上京するので2泊とって前乗りし、火曜日には同級生とぷち同窓会(という名の飲み会)。

平日に付き合ってくれる友人たちって、本当にありがたいなぁ。

あと、夏の終わりになると一気にツアー代金が安くなるのもありがたいです。

この時期に産んでくださったえんちゃんママ、どうもありがとうございます。

強靭な肉体と喉のDNAを繋いでくださったことにも感謝申し上げます。

 

もはや、好きな人が歌い続けていることすべてにお礼を言ってまわりたい。

 

で、ライブ当日の午前中は上野動物園でしゃんしゃんを見たり、野方商店街でますださんの足跡をたどったりしつつ、夕方には恵比寿に待機。ここで悔やまれるのは、昨年来た時に気になっていた珈琲屋さんがタピオカ屋に変わっていて、サンマルクカフェで時間調整したこと。サンマルクが悪いんじゃないの、日和ってしまって地元でも行けるチェーンに落ち着いた自分が情けないの。もっとロックに冒険しようぜ~。

 

開場である恵比寿リキッドルームは昨年も来たし、おのぼりさんにも場所がわかりやすくていいですね。ロッカーもたくさんあるし(300円)、室内で待機できるし。

昨年はうっかり物販に並んだら2時間以上かかって、肝心のライブでへろへろだった悲しい経験を生かし、今回は体力温存を最優先に、開場時間ぎりぎりに現地到着。荷物は極力ロッカーに押し込み、チケットとタオルと(←並ばずに買えた)ドリンク代500円を握りしめて整理番号が呼ばれるのを待ちました。ま、先行申込みの甲斐なく400番台だし、でかい男子いっぱいだし、あんまり前に行く気もなく、ぬるっと入って会場の真ん中あたりに陣取る。殺伐とするほどぎゅうぎゅうでもなく、かといってスカスカでもなく、ちょうどいい混み具合でした。当日券も出てたそうですね。

 

えんちゃんが雨男だから仕方ないんだけど(?)雨に濡れた傘をライブフロアにまで持ち込む人が結構いて、あれはやめてほしかったな。人が密集する中で危ないし邪魔だし、濡れた床は滑ってキケンなんだよね~。入口に傘立てあったから、私は迷いなく放り込んできたよ。指定席のないライブハウスには、汚したくないもの取られたくないものは最初から持ち込まないのが賢明かな。

 

開演時間ちょうどくらいに、スティービー・ワンダーの ♪ Happy Birthday が流れ出して、まずはバンドメンバーが登場、そして主役のえんちゃん!!

♬SPEC から、約3時間のBDライブが幕を開けました。

セットリストは( e )FC公式さんが次の日だかにアップしてくれていて、いつもありがとうございます。

 

昨年のシングル♬ Vital のあとに♬ スーパーソニックフルソウルダイナマイト で、いきなり新旧混ぜたセトリに歓喜。(当然ですが、嵐兄さんともNEWSくんとも全く違うスーパーソニックです)MC挟んでもハードなナンバーばかり。それを笑顔でゴキゲンに歌いまくってる52ちゃいは、やっぱり普通の人間ではなく歌ゴリラ先輩なのかもしれない。

7曲目の♬Hang in thereでようやく曲のテンポが緩むんだけど、これも声量お化けじゃないと歌えない曲だからね。

 

ここからが、BDライブ恒例のコスプレコーナー・・・いや違った。

えんちゃんの生まれてからこれまでの影響を受けた曲を振り返りカバーする、BACK to BOYSHOODのコーナー。

毎回恒例で、邦楽 / 洋楽を交互にやっていて、今年は邦楽の年でした。

2年前は50周年記念で、このコーナーがやけに長かったような??

沢田研二さんや世良公則さん、♪ LOVE IS OVER を歌ったりもしてましたよね。

昨年は洋楽特集でプレスリーやったり。ただ、同世代大喜びのこのラインナップが若いファンとスタッフさんに不評だったのか、「今年は絶対に誰でも知っている曲をやる!」とのことで、いきなり超絶メジャーなバンドをぶちこんできました。え、コスプレ大丈夫~???

 

(注)ここは、曲ごとにバンドメンバーがいったんはけてコスプレをする名物コーナーなのです。主役のはずのえんちゃんがMCで着替えの時間をつなぎ、その曲の時期の思い出を語ったりしてくれるのですが、次の歌に行きたくても着替えが完了するまで出て来てくれないという自由さw

 

まずはGLAYさんの♬HOWEVER。有言実行の超絶メジャー曲が来ました!

いい。ものすごくいい。控えめにいって最高

えんちゃんには珍しい、スローバラードで失恋じゃないラブソング。

ひたすら明るくて頼もしくて温かい声で優しく歌い上げるHOWEVER。

えんちゃんのためにあるような歌に聴こえた(ファンの欲目ですw )

生きててよかった。音源欲しい。

 

続いて、LUNA SEAさんの♬ROSIER

高音自慢のえんちゃんが、低音ばりばり聴かせてくれて貴重なラインナップ。

河村さんの切ない高音が、パワフルすぎる野太さに変換されていたのがご愛敬です。

ドラムの英樹君が、真矢さんにこんなカバーしますなんてとても言えないと困っていましたが、NHKの収録でご一緒したとき懺悔できたのでしょうか?どんなコスプレだったかは、武士の情けで割愛してあげますねw

 

ここまで来てさらに有名なバンドといえば、もうあの方たちしか。

コーナーのトリを飾ったのが、X JAPANさんの ♬ 紅

 

いやいや、ライブハウスで生バンドでこのカバーを聴けるとは。生きててよかった。(?回目)

てごしさんのチャレンジの時、えんちゃんもきっとオリジナルキーで行けるのでは??ってこっそり連想してたんですよね。このライブでも、長年聴きなれたキーだったと思うんですけど。よしきさんのコスプレしたバンドメンバーをいじって遊んで、メンバーが持ってきたお誕生日プレゼントを見せるだけ見せて、本人にはくれないっていうくだりを繰り返してからのようやくの歌。「紅だ~~~っ」のところは、「プレゼントくれないんかい~~~っ」ってふざけたシャウトしてからの歌いっぷりがすごかった。Toshiさんの透き通った高音とは明らかに違う種類の高音…神様のプレゼントとしか思えません。音源ください。

 

大切なことなので書いときます。

あくまでもリスペクトを込めて!の選曲なので、怒らないでほしいとのこと。

横須賀時代にお世話になった先輩のバンドですもんね。

 

ここからMC&着替え(コスプレ解除)を挟んで、オリジナルのラブソング。

あれ、バラードはHOWEVERと、この♬my beloved しか歌ってないぞ?

♬Fellows がオリジナルver.で聴けたのも嬉しかったなぁ。

あとは文字通り♬情熱ガンガンに飛ばしていって、♬LIVE in Baghdadからの♬爆竜戦隊アバレンジャーで本編エンド。どんだけ、体力と喉に自信のあるセトリなんだろ??

 

アンコールは割とすぐに登場してくれて、♬LIFE 定番です。

これを聴かなきゃ帰れない。3rdアルバムの歌だから10年前なんだ。色褪せないなぁ。

  太陽の光浴びて 裸のままの心で

  夢は絶対 逃がさずに掴もう 見逃さずに

  それが all  my  life !!

 

♬サンシャインズフォーユーから、MCはさんで、最後に最もカロリーを消耗する♬勇者王誕生。

ガガガブートキャンプ改め、ガガガハラスメントだと楽しそうにおっしゃっていましたが、会場とのC&Rはもちろんのこと、バンドメンバーにスタッフさん、見学にきていたお仲間まで延々とやって燃え尽きました。

あれ??バースデーケーキはアンコールでひろしさんが持って来たんでしたっけ?BDライブなのにぞんざいなケーキの扱いwww

 

エンディングは、ステージに一列に並んで手を繋いだバンドメンバーの真ん中で笑うえんちゃん。深々と頭を下げるえんちゃん。元気に客席に手を振るえんちゃん。大きい男子もみんな手を振り返していたりして。思わず「ありがとう~」なんて叫んじゃいました。

 

30年近く歌い続けて、全く売れなかったずんどこの若い頃を経て(本人談)、いまもこうして全力全霊で歌いつづけてくれることが本当に嬉しいです。

 

えんちゃんの歌、どれも大好きだし、とっても愛されてるよ。

実は、入場始まって待機中、後ろのでかい男子グループがBGMに合わせてゴキゲンにずっと歌っていて「うわ、カラオケで完璧に仕上げてきてる~。ライブ中に歌う系の子たちだったらどうしよう~??」って、失礼ながらちょっとびびってたんですよね。かつてそういう経験したことがあって。でも、杞憂でした。いざライブが始まったら、えんちゃんの歌は絶対に邪魔しないかわりにコーラス部分やC&Rは完璧で、求められる部分は全力で参加しててとっても清々しかった。ライブが楽しかったのは、周りが平和でえんちゃん愛が溢れていたからだろうなぁ。

 

今回も言ってたこと。えんちゃんにとっては途中で手を抜く方が疲れて難しいんだと。

だからいつも全力で。明快だなぁ。

 

ALLWAYS FULLVOICE

来年も再来年も、その先もずっと、元気な歌声を聴きながらお誕生日をお祝いできますように。

 

そのためにも、ライブハウスで4~5時間立っていられる体力つけとかなきゃ。

そう、何度でも恋をする。

 & テゴマス

 増田 貴久さま

33歳のお誕生日おめでとうございます!

 

 

いつも素敵な声で素敵な歌を届けてくれてありがとう。

いつもやさしい言葉を綴ってくれてありがとう。

いつもかっこよくて可愛くてほんわかしてて健やかで、

多彩な表情と声と、多才な感性で広い世界を見せてくれてありがとう。

 

お正月のENCORE公演でも、春のWORLDISTA公演でも思ったのは、

ますださんはまだまだ進化の途中なんだなってこと。

新しい歌も懐かしい歌も、聴くたびにレベルアップしてるし、音に身をゆだねて揺れているだけでとんでもなくカッコイイし、あどけないまっすーも、大人の色気がにじみ出るますださんも、おちゃめなまっすーも、プロフェッショナルな仕事人のますださんもごく自然に内包してる。じわじわと、でも確実に自分のできることを増やしてキャリアハイを更新しつづけてるように見えるのです。

だからこそ、つねに最新作が最高傑作であり代表作なのではないでしょうか。

ドラマ『ボイス』の石川 透刑事も、きっと33歳の代表作になりますね。

 

ますださんの笑顔と声・・・わかりやすい第一印象から好きになって、もう5年。まだ5年??

知れば知るほど好きになれるひとに出会えてよかったです。

ありがとう、オリゴ糖。(←溢れる思いが渋滞してるのでお借りします)

 

最近は主にTwitterで好き好き言い散らかしていますが、

これだけ好きになってもまだ、ふと「好き」を感じる瞬間があったりします。

 

通勤中はシャッフルで音楽を聴いてるんですが、ある朝流れて来た声

 

TVの向こう側 両手を伸ばしても 涙は拭えなくて

答えのない未来の ピースのひとつくらいは 心にある気がした

 

これを聴いた瞬間、

「え、誰??この声好き。すごく好き。大好き~。・・・あ、ますださんか」

ってなったんですよね。すんごく久しぶりに聴いた、♬36℃ だったんですけど。

 

こんなに何度も好きを更新していくひとが、これからも歌い続けてくれるとしたら感謝しかない。♬LoveStory でご本人たちが歌ってる通り、何度でも大好きだよって言って、何度でも恋をしながら、追いかけていきたいです。

 

33ちゃいのますださんも大好きだよ。

元気でいてね。幸せでいてね。

やりたいことが叶いますように。

目指す高みへ、いつかたどり着けますように。

33ちゃい、にゃんっ(=^・^=)♪

 

 

 

 

〔 追記 〕

毎年、思ってるんですけど、ジャニーズさんもバースデーライブやろうよ。

こやまさんみたいにツアー中にお祝いするのもいいけれど、お誕生日当日にその日だけの特別ライブもやりましょ~??

ご本人が歌いたいもの歌って、踊りたいもの踊って、みんなでなつかしの映像を見たり。メンバーがプレゼント持って登場したり、憧れてるジュニアくんたちがお祝いの曲を踊ったり、なんでもありの好きなことだけ詰め込んだステージ。

ますださんなら、東京ドームクラスじゃないとキャパが足りないかもしれないけど。

いつかきっとぜひ~。

 

ドラマ現場でのバースデーケーキのお祝い話も素敵でしたね~。

勝手ながら真っ先に連想したのは、えんちゃんのバースデーライブでのサプライズでした。50ちゃいの時はサプライズでコスプレしたお母さまがケーキを持って登場されたんですよ。「まぁくん、おめでとう~」って。(えんちゃんは、本名・遠藤正明さんです)あれにはご本人ものけぞってたし、客席もがちでびっくりしたわwwwその何年か前のBDライブでは、ステージ床に貼ってある本人用のセットリストに「バースデーケーキ」の順番が書いてあったそうです。仕掛ける方もいろいろ大変なんですよね。

 

ますださんも現場で愛されてるのがすごく伝わってきます。

実年齢と変わらぬ役どころというのも興味深いし、どんなドラマになるのか楽しみにしています。

 

もしも、私がWSのディレクターだったら

先週末、NEWSのWORLDISTAツアー福井公演にログインしてきました。

 

NEWS4人の作り出すライブ空間はいつでもそうなんだけど、

サンドーム福井も、世界中のわくわくどきどきを集めたような幸せな空間でした。

許されることなら、まだまだ続くツアーに何度でもログインしたいけれど、

残念ながら私の個人的WORLDISTA千秋楽は、福井日曜お昼公演となりそうです。

 

鯖江から帰ってくるの、本当に名残惜しかったよ。

(だからといって、サンダーバードが30分も遅延するのは勘弁してくらさい~)

来週、円盤出ないかな?せめてWSで特集してよ~?という気持ちでいっぱいですwww

 

そこで、、、

ツアーオーラスを迎えたあくる日に必ず朝のワイドショーで各局が取り上げてくれるVTRを、サンドーム福井日曜お昼ver.で妄想。

NEWSくんたちの可愛らしさをお伝えするのにぴったりな展開があったんですよね~。

多少はネタバレしちゃうかもしれないので、すでにログイン済みでWORLDISTAが恋しいかたと、ネタバレもどんとこい!な心構えの方だけお先にどうぞ~。

 

 

ことの起こりは、MCコーナー。

まずは、曲が終わって暗転から明るくなってみたら、ステージに小山さんだけだったシーンから始めましょうか?増田さん&加藤さん&手越さんは、3人でおくっちょに隠れてたんです。できたらここで、おびえながら3人を探す小山さんと、巣穴にぎゅうっと固まって隠れてた3人の映像も欲しいな。小山さんがカワイイって言ってたから。

その前の曲で、増田さんがなんかこそこそ隣の手越さんと話してたのが見えたんですよね。「お水取って」にしては長いし、なにかあった??って思ってたら、いたずらの相談だったのか~。言い出しっぺ聞かれて、ますださんがハイって元気に手をあげてたもん。有言実行だったね。

 

そこから、4人が並んで仲良くおしゃべりをしているシーン。

並びはステージ上手から、小山さん 増田さん 手越さん 加藤さん。

 

ゴルフウェアだったかな?ふとしたことからお洋服関係の話になって、加藤さんが普段からちゃんとネルシャツを着ててえらい~みたいなことをますださんが言ってたのね。(すでにここの流れをよく覚えていないぽんこつなので、会話もニュアンスです。)

 

盛り上がるなか、手越さんが話の流れをぶった切って「ねえねえ、聞いていい??ネルシャツって??」って、ますださんに聞いたんですよ。

ますださん「ネルシャツって、そりゃ寝るときのシャツだよ」

手越さん、食い気味に「そうだよね~」つって、めっちゃ可愛い笑顔がぱぁ~って広がったんです。花が咲くような笑顔ってこんな顔のことなんだなって、アリーナ後方で埋もれてたお姉さんは思いました。

 

ますださんは、いつもの「ぼけますよ~」のどや顔しかけてたのに、あまりにも素早く、かつ素直なてごちゃんの反応に、そのお顔が嬉しさと笑いをこらえてさらにちょっと悪いお兄さんも混ざった、普段なかなか見せない表情になってアップで抜かれておりました。このお顔のお写真、ぜひジャニショで売ってください。

 

ツアーのパンフのオフショットももちろん嬉しいんだけど、ライブ中のお写真も売って欲しい~!心のシャッターはめちゃめちゃ連写してるんですけど、いかんせん脳内メモリーが全く足りてないぽんこつなので、いつまでも美しく手元で保存できるお写真が欲しいです。私のささやかな幸せが、売り上げ実績としてますださんのお小遣いにもなるわけだし。あ、話が逸れた。

 

てごちゃんの嬉しそうな「やっぱり~!!」的な反応に、素早く追い打ちをかける加藤さんも、小山さんも、わるおでしたね。「寝るシャツだからネルシャツ」って。ちなみに、手越さんの寝る時のシャツはツアーTだそうです。パジャマについて語りだす手越さん。パジャマ着てきちゃった感じ?学生時代に寝坊して学ランの下はパジャマの子とかいたけど、手越さんもそんなイメージだったのかしら?

 

みそっかすの末っ子ちゃんが、おにいちゃんたちにかつがれて、せがわれて、でも本人は素直に信じ切ってるここ!ここ、いいよ!!ど~んとお茶の間の主婦層にアピールして行きましょう。

 

会場の私たちも笑いをこらえるのに必死で、素直な手越さんが可愛すぎて、なんとも言えない声が洩れてました。

けして、手越さんをばかにしてるわけじゃなくって、「ちがうよ~!」とか突っ込むわけでもなく、ただただ、かわいいぴよぴよの末っ子ちゃんを見守りつつ、誰がネタばらしをするんだろうかと。

 

手越さんもだんだん空気がおかしいことに気づき、やっぱりぐぐろうと言い出す始末。

小山さんに日頃のお返しとばかりに「ばぁ~~~~かっ」って言われちゃったり、「それでもまだ50%は信じてるなんてすごい」と加藤さんに褒められたり(?)ますださんにいい奴だなぁといわれたり、最後はついに「いいよ、あとでぐぐるから」と言い残して、先にMCコーナーを後にしました。

 

そういえば、この時めずらしく自分からハケたんですよね。いつもは舞監さんのイヤモニの指示を何度も無視して喋り続けてたのに。日に日にMCが長くなって、ついに2回公演の入れ替え時間がキビシイことをいわれたのかな?日曜夜公演も、あんまり長くなるとみんなが帰れなくなるから~って言われたって、自分からハケたそうですね。

 

その後もまだまだライブは続きます。

最後のセクションのハードでカッコよく畳みかける演出も、地上波WSで全国のお茶の間に広めたいですね。

あそこの演出は、NEWSもジャニーズもあまり知らない層にこそ見て欲しい。

ほんとのほんとに歌もダンスも衣装もセットも素晴らしいから!!!

 

で、盛り上がり最高潮の中、とある曲でいきなり手越さんからアドリブがぶっこまれるわけです。

「ネルシャツって、チェックシャツじゃね~か~!!!」

あの日いちばんの美声で張りのあるシャウトだったことをお伝えしたい。渾身の叫び

 

ここの歌唱シーンも、WSでたっぷり使ってほしいな。

NEWSの生歌のうまさと、いきなり替え歌してシャウトするクオリティの高さね。

そこに、追い打ちをかけるように注釈のテロップをど~ん!!

 

「ネルシャツとは、フランネル素材のシャツのことを指し、チェック柄以外のものもあります。」

 

見事な三段オチが付いたところで、優しい雰囲気に包まれてみんなで歌う最後の曲にのせて、昨年の15周年ライブ@味スタと、EPCOTIA ENCOREツアー カウントダウンライブ@京セラドームの円盤リリース決定のお知らせを流して、VTRは終わります。

 

理想をいえば、このコーナーに15分ほど尺が欲しいですね。

冒頭に独占インタビューとかもいれられたら完璧です。

 

もしも私が大富豪だったら、JEに資金をつぎ込んで毎公演全部映像にするのに。

ロミジュリもドリフェスも全部、映像リリースするのに。

WSのディレクターだったら、WSでどんと尺を勝ち取るのに。

 

本当のオーラスまで、素晴らしいステージに一人でも多くのファンが立ち会えますように。

 

ところで、手越さん、本当にぐぐったのかしら?

ライブ中は時間がなくて、ぱぱっと画像を見ただけだったのか、スタッフさんにささっと教えてもらっただけでちゃんと調べられなかったのかも。真相もいつか話してくださいね。

 

 

 

今週の課題(仮タイトル)

春の北陸へ。

修学旅行以来の福井県です。

あれはまだ、20世紀と呼ばれていた頃じゃった・・・

 

関係ないけど、ジャニショに行ってお写真を選ぶたびに修学旅行の写真を思い出します。

当時はスマホなんてもちろんなくて、個人でカメラ持ってくるのは禁止!

専属の写真屋さんが着いてきて、集合から個人まで写真を撮ったものを後日ずら~っと貼り出して、クラスごとにそれを見ながら欲しい写真の番号を記入してお金払って買うのね。自分の写った写真だけのはずが、こっそり好きな人のカッコイイ写真を混ぜて申し込んだりして。

ま、衣裳ではなく、制服か学校ジャージかの2択だったけど。

 

ほら~、ジャニショと同じシステムでしょ?

 

今日と明日は幸運なことにWORLDISTA にログインできるので、できるだけ確認して来たいことがあります。

福岡で見たり聞いたりしたのが幻ではなかったどうかを。

 

以下、箇条書き。

うっかりネタバレしちゃったらごめんなさい。

 

 

小山さんの足は何メートルあるのか?

直前の更新の狙いとは?

 

加藤さんの指先。

 

テゴマスは今週末も双子なのか?

だとしたら、チップ&デールなのか、イシシノシシなのか。

イシシノシシだとしたら、ますださんがふかふかメロンパンが大好物の兄イシシということでよろしくて?てごちゃんはおにぎり大好き、ほくろのあるノシシね。

だったら、かとうさんがゾロリ先生でこやまさんがゾロリママってことでよろしくて?

 

どうしてあの歌でいつも胸が詰まって涙が出て来るのか?

手越さんの限界キーとは?

ますださんの喉には何十人いるのか?

 

ますださんが本当はラスボスなんでしょ?

あと、ますださんて魔道師だったりもします?

本当はテゴマスには羽根じゃなくて尻尾がある?

 

ちゃんと確認できますように。

たぶん、カッコイイと可愛いと素敵と好きしか言えないけれど。

 

では、行って参ります♪