読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの声を聴かせてね。

いつも元気と勇気をくれる大好きな人たちに感謝を捧げる場所にします。まっすー、えんちゃんありがとう。

ネバーランドへの気ままな道のり

NEWS 雑記

  いよいよ三月になりました。

仕事先では人事異動の情報解禁。私自身は異動とは関係ないのですが、一緒に働く職員さんたちは定期的に各エリアからシャッフルされるので、異動するかたも残留組も、皆さんそわそわされています。

大好きなベテランさんがひっそりと引退されていたことも知り、これも春の寂しさですね・・・。知ってたら、最後にご挨拶だけでもしたかったなぁ~。

 

でも、うきうきすることももちろんあります!

今月にはNEWSくんたちのアルバム『NEVERLAND』がリリース。

ちょこまか解禁される情報のどれを見ても、楽しみが広がるばかりです。

 

リリースが待ちきれなくって、豪華な製作陣のクレジットや曲順を見ながら、勝手にネバーランドへ辿り着ける道を探しています。

 

タイトル発表のあとは速攻で『テゴマスのまほう』と「魔法のメロディ」映像を見ました。

アイドルとアーティストのいいとこどりハイブリッドな、いつ見ても大好きな作品です。

 

でも、NEWSだし、いまの彼らならば、今回はもっと大人でスタイリッシュなファンタジー世界のはず。

そこで、ヒントをもらったつもりでネバーランドを探してみました。

 

まずは、高橋拓さんとLISAさんのお名前から誰もが思い付くm-flo

我が家にもあったような〜?と探してみたら、旦那さんが「EXPO EXPO」を持ってた。ナイス、旦那ちゃんとおだてつつ、懐かしさにひたりながら再生。

ジャケットデザインが凝りすぎてて、オシャレ過ぎて(笑)まるでクレジットが読めません。

参加ミュージシャンなんてもはや完全に暗号化されてるし。比喩じゃなくって、本当に記号の組合せで表記されてるんです。

 

ジャニーズのCDにもよく思うんだけど、参加ミュージシャンやスタッフさんをもっと分かりやすく表記して頂けるととっても助かります。この人が参加してるなら聴いてみよう~とか、きっとあると思うんですよね。

 

 

ついで、増田さんが最高の三段活用で絶賛していた「U R Not Alone」

 

ネバーランドで、「You Are Not Alone」とくれば、マイケル・ジャクソンですよね?

かの名曲は手持ちで見つからなかったので検索して聴いてみました。つくづく便利な時代になったものです。

この曲に触発されて、またはリスペクトして書かれたのかはわかりませんが、(このタイトルの曲はかなりあるみたいだし) 増田さんが泣かずに歌えないって、GReeeeNさんはどんなエモーショナルな歌に仕上げてくれたんでしょう。

  

You Are Not Alone

You Are Not Alone

 

 

 

インタールードがたくさんあって、「脚本」もあるということは、

全編を通すと映画のようにストーリーが浮かんでくるコンセプトアルバムなのでしょうか?

 

ロンドンを舞台にしたファンタジーなコンセプトアルバムといえば、

TM NETWORK『CAROL A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991』ですね。

このアルバムは、一曲一曲はメジャーなヒットシングルが詰め込まれているのに、全編通して聴いた時の統一感が素晴らしいんです。

たしか、木根さんがストーリーを書いて実際に映画も製作されたんでしたっけ。素人OKの公募で声優オーディションとかやってたような記憶がうっすらとあります。

 

映画を見てなくても、原作を知らなくても、浮かんでくる世界観。宇都宮さんの独特の歌声とまだフレッシュさの残る頃の小室サウンドを聞き進めていくと、灰色のロンドンの街を駆け巡るキャロルの冒険が浮かんでくるような完璧な構成です。

絶対にシャッフル機能とか使って聴いちゃだめなアルバム。

最後の歌、「STILL LOVE HER(失われた風景)」が切なさを倍増させにくる。映画のエンディングのようで泣けます。

 

 『CAROL』実はうちに二枚あります。

私の愛聴盤は、寝ぼけてプラケースを踏んでしまったヒビ入りで、TMN好きの旦那さんのコレクションは綺麗な初回盤。当時のTM NETWORKはとにかく多作(というか、バージョン違いとかリミックス盤を出しすぎだよ~!?)だったんですが、TMで一番好きなアルバムです。

 

 

CAROL A DAY IN A GIRL'S LIFE

CAROL A DAY IN A GIRL'S LIFE

 

 

うろうろとさまようばかりで、NEWSくんたちのネバーランドにはたぶん辿り着けてないんだけれど、こんな感じかな~とあちこち探しに行く気分だけでも楽しいし、アルバムをお迎えするイメトレは完璧に出来てます。

そして実際はこちらの想像を軽く超えてくれるんでしょうね。

3月22日がひたすら待ち遠しいです ♪