読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの声を聴かせてね。

いつも元気と勇気をくれる大好きな人たちに感謝を捧げる場所にします。まっすー、えんちゃんありがとう。

エゴセントリックだけど愛されたい

今日こそは、NEWSくん4人揃ってゲストだった2/1の『ホンマでっか』感想をと思って、もう一回まるっと録画を見ちゃいました。

「何でも全部録画せんでもいいんよ?」と一緒にリアタイした旦那さんから指摘されましたが、こうやってあなたのいない時間にリピートするためなんですよ。てへぺろっ♪

 

以下、長いだけの個人的感想です。いつものように、私の世界の中心は増田さんです。

タイピングのリハビリにはもってこいですが、オチも教訓もありません。

 

 

『ホンマでっか』は、濃ゆい評論家の先生たちが大好きでよく見ています。

以前に手越さんが1人で登場した回もスーパーポジティブ思考が炸裂していて名言連発。とんでもなく面白かったのですが、それ以来、こうして4人揃って呼んでいただけるのをずっと願っていました。

トニセン兄さんたちの回ももちろん見てました!腹黒いのっちが暴かれたりして、うひゃひゃと笑いながら「いいな~。こんな風にNEWSくんたちも分析してくれたらな~」と思う私を見透かしたかのようにいきなり次週予告に登場した4人。そこからどんなに待ち長かったことか(実際は出張でばたばたしてただけですがw)

 

手越さんを先頭に、「個性派メンバー揃い」と紹介されて入ってきたNEWSくんたち。

加藤さんはドラマ絡みで今年3回目?『ホンマでっか』はほぼレギュラーでは??

増田さんはアイドル全開の笑顔と肩幅&胸の厚みがどっしり伝わる黒の・・・

あれ?黒ってほっそり見せる色味では??他の3人がしゅっとしたジャケット姿だから大きく見えちゃう~。

 

そのまま4人がぎゅっと並んで座ってるだけでステキです。

いつものようにテゴマスが真ん中じゃないのがちょっと新鮮だし。で、今回のお悩みが

「世界が自分中心に回っていると思っている人との付き合い方」

つまり、手越さんとの上手な付き合い方なんですね。なるほどなるほど。(←手越口調で)

 

でもね、小山さん加藤さん増田さんの訴えを聞いてると、なんだか本気で困ってる感じがしない。仲の良さはそこはかとなく伝わってくるんですけど。

 

特に小山さん!!

打ち合わせ中なのに足まで揉んであげちゃダメでしょ~??びしっと注意しないと。

 

昨年かな、何度かペット番組で見た大きな黒ラブとご主人さまコンビを勝手に連想しちゃいました。そのラブラドールは部屋中好き勝手していろんなものを破壊しまくり、お散歩でもわがまま放題ぐいぐい走って全くいう事を聞かないんですけど、飼い主さん(30代男性)がとっても優しくって全然怖くないんです。一応は「こら~ダメだろ~」とか言ってらっしゃるんですけどね。

その番組で専門のトレーナーさんに指摘されたのは、わんこではなく飼い主さんの叱り方でした。悪いことをしたらその場ですぐにきちんと叱ることの大切さ。犬は大好きな飼い主さんにかまってもらえる・もっと遊んでもらえる、と思ってるだけで本当は頭のいいこなんだから、問題は叱れない飼い主さんなんですって。

実は私も年下の子を上手に叱れないタイプなので、すごく胸にしみて覚えていたのでした。嫌われたくない小山さんの気持ち、よ~くわかります。お互いにきちんと愛のあるダメ出しを出来るようになりたいですね。増田さんの言う通り「小山がキーパーソン」ですよ。

ま、私は小山さんほど優しくないので、いたずらされて笑ってるのは3回目までかな。

 

結局は、手越さん = スーパーエゴセントリックなのに愛される人

自己中心的なのに可愛げがあって結果も出しているから認められる・・・ってこれ最強です。

 

自己啓発本ばっかり読んでる人は手越さんだけじゃないかもしれないけど、こんなに自分のものにしてる人っているのかな。まさにリアル嫌われる勇気。ドラマの蘭子さんは他人を気にせず自由にやって結果も出してるのにあんまり幸せそうに見えないけど、手越さんはさらに人生を楽しんでいるのが理想的です。

 

おや~?いつのまにか私も手越さんをほめちぎっている。おかしいな(笑)

 

ひとまず台本は読むべきだと思います。先生、私も増田さんに賛成しま~す。基本や土台があってこそ、アドリブが生きるんですから。スタッフさんが一生懸命に手がけたものをいつも尊重している増田さんらしさがコメントに滲み出ていましたね。

 

アイドルとキャスターの狭間で揺れる乙女心の小山さんに「こっち本職だよ~!?」ってすかさず入った増田さんも、とてもとてもカッコよかったです。

増田さんにとっては、アイドルが本職であることは1ミリも迷う余地がないんだと感じました。

 

みんなが報道町や作家村やバラエティ市に出稼ぎに行ってしまってる間も、増田さんは一人でアイドルの砦を守ってる。出稼ぎの大切さもちゃ~んとわかってるから、おうちに残ってみんなの衣装を作ってツアーの準備をしながらお留守番してるんだ。たまに「書斎よりさきにダンススタジオ作れよ」なんてぼやいちゃうけど、自分もバラエティ村に単発仕事に行ったりするけど、植木先生に「増田さんはよくわからない」なんて心理的にズタボロにされちゃったりするけど、増田さんが100%アイドルでいてくれて何よりも嬉しいです。例え、おねぇだったとしても大好きです。

 

小山さんの優しさも(甘やかしっぷりも)、加藤さんの噛ませ犬系キレ芸も、世間の皆様に面白おかしく伝わっているはず。今回は増田さんの小ボケは封印され(編集され?)速いテンポでの低音ツッコミが冴えていたのも特筆ものでした。(あくまでも個人の体感です)

多少の不満はあった方がいいそうですので、そこは伸びしろととらえて、これからも4人で大きくなってください。

 

 

ちなみに、

プレゼントは私も聞かない派です。

欲しいものを聞かれるのも困っちゃう・・・。何が欲しいって聞かれて「マンション」とか「ランボルギーニ」っていうお約束の受け答えはしますけど、本当に欲しいものは自分で買います。遠慮じゃなくて、ペアグラスとペアカップは心から要りません。使える額は別にして、経済的な感覚は加藤シゲさんに近いかも。加藤アナのように可愛くバッグをおねだりできる女の子になりたかったです。

 

増田さんの「手越に花柄ワンピース」発言に、わ!祐子降臨!!と色めきたってしまい、ドレスにティアラ姿で「僕のシンデレラ」を歌ういつかの祐子ちゃんが瞼に浮かんだことはここだけの秘密です。手越さんの口から「テゴマス」という単語が出ただけで嬉しいなんて、やっぱりそれなりにこじらせてるのかも。話題は増田さんのおねぇ疑惑だったのにな~。

 

焼肉は1枚ずつ焼きます。

ホルモン系だけは時間がかかるので、先にいくつか載せてもOKです。年齢とともに量より質になってきちゃって、限られた食べられる量はできるだけ美味しくいただきたいです。肉神さまに脅されてもこれは譲れません。

 

あと、堀井弁護士は絶対に手越さんが好きだと思います。

頑なに否定してたのがかえって怪しいです。また機会があったら加藤さんを尋問してくださいね。

 

 

『ホンマでっか』とっても楽しかったので、次はSPで恒例の先生方との旅ロケにNEWSくんたちを混ぜてくださったら嬉しいです。あの先生たちこそ、真の個性派メンバー揃い。ほんっとうにまとまりがなくて好きな事ばっかりやってるのにすごい人だらけなんですもん。