読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの声を聴かせてね。

いつも元気と勇気をくれる大好きな人たちに感謝を捧げる場所にします。まっすー、えんちゃんありがとう。

またまた、お誕生日に寄せて 

NEWS 加藤シゲアキ

NEWS 加藤シゲアキさん、お誕生日おめでとうございます。

 

いろいろあったであろう20代もラストイヤー、29歳。

加藤さんがこれからどんな風に歳を重ねていくのか、とっても興味深いです。

 

ささっとしたイメージだと、NEWSの黒髪の端正な美しい人。

にうすさんは4人がみんなとても素敵だけれど、世間一般的に言えば、顔だち整ってて誰もが認めるイケメンなのはやっぱり加藤さんだと思っています。(中年男性であるうちの旦那さんも「普通にカッコイイのは加藤くんやろ」と言ってる。ちなみに、ジャニーズで一番歌が上手いのは手越さんだそうです。)

 

アイドルとしてのカッコよさ・美しさは言うまでもなく、ソロ曲ではクリエイティブな才能を煌かせ、作家としての活動もコンスタントに続けている。この両立してるところが何より素晴らしくて尊敬します。頭が良くて、お料理も得意で、釣りが好きでサブカルが好きで趣味がたっくさんあって、人見知りと言いつつも友人がたくさんいて、背が高くてスタイルが良くて、どんな髪型も似合っていて、いつの間にか先生役も自然なほど大人になっていて。ちょっぴり運動が苦手なとこまでひっくるめて加藤さんは完璧なのではないでしょうか?

 

もちろんこれは、ささっと輪郭をなぞった場合の勝手なイメージです。

これだけいい条件がそろっていそうに見えるのに、その奥にはいろんな思いを抱えて時には赤裸々にぶちまけてくれたりするのが、加藤さんの人間的な魅力であり、興味が尽きないところです。これからも加藤さんの紡ぎだす世界を楽しみにしています。

 

ずいぶん前に作家の石田衣良さんがTV番組でおっしゃっていたこと。

「どんなにマイナスの経験でも、それはやがて大きなプラスのカードになる。手元の切り札として使えるようになるから、作家としてはいらない経験なんてないんだ」

録画してなかったので正確ではないし、時を経て私の個人的な解釈も混じってます。石田さんは作家の立場で発言されていましたが、なにかしら表現することに関わっている人ならみんなに当てはまりそう。最近の加藤さんを見てると、ああまさにこういうことなんだなと思うんです。そういえば『ピンクとグレー』出版当初は石田衣良さんが推薦文を書いてくださったんでしたっけ??記憶違いだったらごめんなさい。

 

加藤さんにとって実り多き一年になりますように。

NEWSでいてくれてありがとう、しげかとう(←言いたいだけ)

熱くて忙しい夏、どうぞお身体だけは大切に。

 

 

いつも絶賛増田派が勝手なこと書いて失礼しました。

でもね~、増田さん大好きなのに、あんまり自分のお洋服には興味がもてないのです。(大人の女性として間違ってる・・・)それなのに、加藤さんに書かれると本も読んじゃうし、梅酒も漬けちゃうのは何でなんだろう??梅干しはハードルが高かったのでいつもの梅酒をひと瓶だけですけど。加藤さんにはついつい感化されちゃう何かがあるんですよね。