読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの声を聴かせてね。

いつも元気と勇気をくれる大好きな人たちに感謝を捧げる場所にします。まっすー、えんちゃんありがとう。

歩いて行こう

雑記

今日で3月も終わって明日から4月、新年度。

この国だけの制度だとしても、区切りがちょっと面倒くさいこともあるけれど、

春が来て、桜のきれいなこの時期に新しい始まりの日を設定した人って、センスいいなぁと思います。

 

仕事先では、定年退職するおじさまたちにお世話になったご挨拶をしてきました。

何十年も働いて、会社員人生を全うされるって素晴らしい。このご時世だからなおさらです。

 

その一方で、今日を境にみずから華やかな世界を去っていく人もいる。

大好きだったはずのステージに自分で幕を引くことを、どうやって決断したんだろう?

退所を発表した昨年の番組でも、先週のMステでも、彼はいい笑顔でしなやかに踊っていて、一人だけ吹っ切れているように見えました。(部外者の勝手な感想です。とてもそんな風に見れない人もいますよね、ごめんなさい。)もしかしたら、ファンには笑顔の自分を覚えていてほしくてそう見せていたのかもしれないとも思いました。

 

どちらにしても、素敵な笑顔とダンスのきれいな彼を覚えておこうと思います。

田口くん、これまでありがとうございました。お疲れ様でした。

これから進む道、自分で選んだ何かがつかめますように。

 

 

 

 

余談です。

自分の30歳前後を思い返すと、周りの友人には30の節目で転職する子が相次ぎました。自分自身も本当にこの仕事でやっていけるのかもがいていて、無理やり実家を出て一人暮らしを始めたり・・・そして実際に30代になってみると、何とかなるもんでした。大人って楽しい~♪♪と実感しつつ、お気楽な今に至ります。

 

今月から始まったNHKの「精霊の守り人」も楽しみにしているんですが、それも、久々に松田悟志さんの剣殺陣が見られる!というミーハーな理由。豪華な出演陣に、壮大な風景とアクションシーンは見応えたっぷりです。王宮から脱出し、もう戻れない心細さに泣き出してしまった幼いチャグムに、バルサ綾瀬はるかさん)が言うセリフがとってもよかった。

 

「泣いてるヒマはないんだよ。泣きながらでも歩け」

 

泣くな!じゃないんですね。立ち止まってうずくまってしまうのが一番恐いこと。

いろんなことがあるけれど、泣きながらでも歩いていこう。そしたらきっと何とかなると信じて。