読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの声を聴かせてね。

いつも元気と勇気をくれる大好きな人たちに感謝を捧げる場所にします。まっすー、えんちゃんありがとう。

簡単には会えないのね・・・

やっぱり、言葉で書くことが何かを呼んできたりするのでしょうか?

 

当落待ちが長くていろいろ持て余し、好き勝手書いた前回の記事のあと、

ツアー前半戦の抽選結果(の音声確認案内)メールがきたり、

ラジオで手越さんに「増田さんの前世は犬」だと断言されていたらしかったり、

VS嵐」のプラスワンゲストの話も同じ日に知りました。

これぞ、シンクロニシティ。(←大袈裟な。私の情報が遅いだけですね。)

 

 

まずは、お知らせメールに思うこと。

みんなず~っと待ってたんだから、せめてトップでお知らせしようよ!

確かに出演情報も知りたいし大切なことだけど、

みんな必死に予定を組んで、大切なお金を先に振り込んで待ってるのに、

「お待たせしました」の気持ちが全く感じられなくて・・・

 

普通だったら、当選確率も発表予定日すらもよくわからないものに何万人もが前金を振り込むなんてありえない。すごいギャンブルだと思うんです。それでもコンサートに行きたい一心で待ってる人がこんなにもいることを、夢の詰まったとても大切なお仕事を担っていることを、事務局の方々にはもう少し想像してほしいと願っています。とんでもない量の申し込みを処理するのはほんとに大変だと思うので、あんまり言いたくはないんですけど・・・後半戦の結果も出てないのに、プレイガイド発売日が決定してるのもなんだか釈然としませんでした。

 

さて、電話は当日は全く繋がりそうにないので3回くらいであっさりあきらめ、

次の日の午前10時過ぎにかけたらすぐに繋がりました。

(かなり幸運だったのかな?ちょうど学校や仕事の時間帯だから??)

こちらのほうが心の準備が出来てなくて、焦りながら番号打ち込んだら、

早速の「チケットはおとりできませんでした」

・・・これはかなりへこみますね(涙)

結局、1か所だけ地元会場に行けることになりました。ほっ。

 

「4月は忙しいから!」とか「大阪から日帰りできるかなぁ~」とか、

さんざん浮かれぽんちな発言につき合わされた旦那さんが一番の被害者でした。

「全滅よりいいでしょ?1回だけでもありがたいと思いなさい」と、

にやにやしながらお説教してくるの、さりげなく復讐されてる??

 

確かに、全部当たったら当たったで、倍率低かったのかしら、席は埋まるのかしらと

余計な心配しはじめるんだし、ファン心理って面倒くさいものです。

めっちゃ人気だから、簡単にはチケット取れないのね。

この落選のさみしさが次のツアーの会場増大につながると信じて!

せっかくの1回に全力を傾けて楽しみ、心のカメラに焼き付けてこようと思います。

 

もやもやした気持ちまで書いちゃってすみません。

 

私は増田さん定番のあの話、

「何万人もがこのコンサートの日に予定を合わせて~」っていうのが大好きなんです。

ちびっこジュニアだったころの素直な気持ちを忘れずに作ってくれるステージ。

一人でも多くの人が見られますように。